大切な節目に。成人式に彼氏彼女や両親へ花束を贈るポイント

20歳は誰にとっても大きな節目。友人や家族と祝う成人式は一生に一度の思い出に残るイベントです。

そんな特別な日だからこそ、祝福や感謝の気持ちを込めて花束のプレゼントを贈ろうと考えている人も多いのではないでしょうか?

今回は、成人式に彼女・彼氏を喜ばせる花束の選び方や、両親に20年間の感謝を伝える方法についてご紹介します。

 

彼女・彼氏に贈る花束の選び方

大切な彼女や彼氏が成人式を迎えるのであれば、新たな門出をお祝いしたいですよね。

華やかなで気持ちのこもった花束を贈れば、きっと成人式の思い出の1コマとなるはず。

ここでは、成人式のプレゼントにおすすめの花の選び方や、一緒に渡すプレゼントについて紹介します。

 

【ポイント①】振袖やスーツの色を事前にリサーチする

成人式で振袖を着る女性たち

花の種類や色、デザインによって大きく印象が変わるのが花束。

 成人式でプレゼントするならば、相手が当日に着る振袖や袴、ネクタイの色に合わせて選ぶと雰囲気に統一感が出て素敵です。

例えば、

  • 赤やオレンジなどの鮮やかな色味の服装
    →同系色の赤や暖色系でまとめた花束やグリーンを取り入れた花束
  • 青や紫などの落ち着いた色味の服装
    →白やシックな色味の花束や、ワイルドフラワーなどを取り入れた個性的な花束
  • ピンクなど淡い色味の服装
    →やわらかいパステルカラーの花束やふわふわしたお花を使った花束

振袖やネクタイの色には着る人の個性が出るもの。

服装に合わせて花束を考えれば、きっと彼女・彼氏の好みにあった花束になりますし、工夫が伝わって喜ばれるはずです。

 

【ポイント②】スイートピーなどの門出にぴったりな花を選ぶ

紫のスイートピー

ひらひらと特徴的な花びらを持つスイートピー。ピンク・黄色・白・薄紫などさまざまな花色があって、花束に使えば春らしくてかわいい雰囲気になります。

スイートピーが成人式にプレゼントする花束にぴったりな理由はその花言葉。

可憐な花びらは蝶が飛び立つようにみえることから、「門出」「旅立ち」という花言葉があります。

晴やかな成人式にふさわしい花言葉をもつ花は他にも。明るさとかわいらしさを兼ねそろえたガーベラには「希望」「前進」、幾重にも重なる花びらが華やかなラナンキュラスには「晴れやかな魅力」という花言葉があります。

相手の好きな花をリサーチしておいてプレゼントすればもちろん喜ばれますが、花言葉で工夫して門出をお祝いするのも特別感が増して相手を笑顔にできそうですね。

 

【+α】花束に添えるプレゼントの選び方

 クリスマスと日にちが近いのでお金をかけたプレゼントを考えている人は少ないかもしれませんが、花束に別のプレゼントを添えて贈りたいと思っている方もいるでしょう。

  • アクセサリー:ネックレスやブレスレット、ピアスなど、彼女の好みに合わせて。成人式のプレゼントなら、仕事のときでも付けられるようなシンプルなものがおすすめです。

  • ネクタイやネクタイピン:20歳だとネクタイやネクタイピンは1~2つベーシックなものしか持っていない人が多いはずです。使う場面も多くあるので、彼氏が自分では選ばないようなおしゃれなアイテムを。

  •  ハンカチ:値段も手頃なので、ちょっとしたプレゼントに。就活や仕事のときにお守りのように持てる素敵なハンカチを選んでみては?

  • ワイン:20歳を迎えてできるようになることといえば、お酒を飲むこと。成人式当日は難しいかもしれませんが、2人で一緒に飲む機会を作ってお祝いするのも素敵です。

花束と同じく、 新成人になる彼女・彼氏のことを想って選べば喜んでくれること間違いなしです。

 

彼女・彼氏に花束を渡すタイミング

ピンクの花束を持つ彼氏

贈るプレゼントが決まっても、まだ油断は禁物。成人式のお祝いで花束をプレゼントする場合、渡すタイミングも考えなければいけません。

成人式の日は朝から着付けなどの準備があったり、 成人式が終わった後は友人とのおしゃべりや写真撮影、同窓会で忙しかったりして、ゆっくり会える時間がないかもしれません。

成人式当日に花束を渡したいと考えているなら、彼女・彼氏のスケジュールを把握し、花束を渡せるタイミングを確認しておきましょう。

渡すのにベストなタイミングは、成人式が終わった直後。成人式が終わって友人同士で写真撮影をしている時に花束を持っていると、写真に彩りが加わって華やかに。 

振袖などの慣れない服装で行動する相手のことを考えると、できる限り花束を持ち歩く時間が短くなるように調節してあげたいですね。

 

前日までに工夫してプレゼント

自分の成人式があったり彼女の地元が遠かったりして、当日に花束を渡せないという方もいるのではないでしょうか。その場合は前日までに工夫して花束をプレゼントするのがおすすめ。

例えば、成人式前のデートの帰り際に贈れば、「当日会えないけど考えてくれてたんだ!」と喜ばれること間違いなし。

宅配サービスを利用して相手のおうちに花束を届けるのも、サプライズ感があって素敵です。

メッセージカードの追加や時間指定など、細かいことにも対応できるので、ぜひ利用してみてください。

 

両親に感謝の気持ちを込めて花束を贈ろう

花束と両親への手紙

ここまで、彼女・彼氏が成人する方に向けて花束をプレゼントするときのポイントを紹介してきました。

成人する方におすすめしたいのは、20年間育ててくれた両親へ感謝の花束をプレゼントすること。

20歳という節目の年は、今までの感謝を伝えるのにぴったりなタイミングです。ぜひ、普段なかなか伝えられない気持ちを花束に込めてみては?

 

手紙と一緒に花束で感謝を伝える

花束をプレゼントする際には、ぜひ手紙を添えて。普段は恥ずかしくてなかなか言えないような感謝の気持ちも、手紙でなら伝えられるのではないでしょうか。

新成人として祝われるだけでなく、20歳まで育ててくれた両親にとっても思い出に残る1日をプレゼントしましょう。

どんなことを書けばいいか迷ってしまう場合は、

  • 20年間、深い愛情で育ててくれてありがとう
  • 私なりに頑張っていくから、これからも見守っていてください
  • いつも私の味方でいてくれて、どんな時もそばで応援してくれてありがとう

のように、シンプルに感謝の気持ちやこれからのことを伝えてみて。

思い出のエピソードや両親の好きなところを書いてみるのもいいかもしれませんね。

 

まとめ

成人を迎える人にとっても、その家族にとっても大切な節目となる成人式。

花束を贈る場合は、相手に合うデザインや色味を工夫して、渡すタイミングをしっかりと確認することを忘れずに。

一生に一度の特別な日に、「おめでとう」や「ありがとう」の気持ちを花束に込めて、成人式の日を鮮やかに彩りましょう。

 

LIFFTの商品一覧はこちら