フィカス・ウンベラータの育て方|基本のお手入れから剪定・植え替え・挿し木の方法まで詳しく解説

ハート型のうすい葉がナチュラルでかわいらしい印象のフィカス・ウンベラータ。そのインテリア性の高さと育てやすさから、最初の一株としても人気の観葉植物です。今回の記事では、そんなフィカス・ウンベラータについて、基本的な育て方やうれしい風水効果、剪定・植え替え・挿し木の方法などをまとめて解説していきます。

目次

  1. 基本の育て方(置き場所/日当たり・温度・水やり)
  2. 剪定
  3. 植え替え
  4. 肥料
  5. 増やし方(挿し木・水挿し・株分け)
  6. 害虫
  7. 風水・花言葉
  8. よくある質問
  9. 種類
  10. インテリア例

お花と観葉植物のギフト通販LIFFTでは、おしゃれな観葉植物を取り揃えています。

 

フィカス・ウンベラータの基本の育て方

フィカス・ウンベラータ

フィカス・ウンベラータは枯れにくく育てやすい植物ですが、葉が薄いため、直射日光に当たると葉焼けしやすいなど、気をつけたいポイントもあります。そんなフィカス・ウンベラータの基本的な育て方について、置き場所・日当たり、温度、水やりの3項目に分けて解説していきます。

置き場所/日当たり

フィカス・ウンベラータは、明るくあたたかい場所に置いてあげましょう。置き場所について気を付けるポイントを、屋内に置く場合と屋外に置く場合に分けて解説していきます。

屋内に置く場合
フィカス・ウンベラータは耐陰性がある植物なので、室内の明るい場所で十分に育てることができます。ただし、直射日光に当たる時間が長いと葉焼けの原因になるため、レースカーテンなどでやわらかい光に調整してあげてください。日当たりが足りないと、葉が黄色や茶色に変色してしまうことがあります。その場合には、より明るい窓辺などに移動してあげてください。フィカス・ウンベラータは湿潤な環境を好むため、エアコンや暖房の風が長時間にわたって直接当たる場所は避けてください。

屋外に置く場合
春や夏には、木陰になる時間が長い場所であれば、屋外に置いて育てることもできます。夏場の強い直射日光や西日は、葉焼けの原因になってしまうため注意してください。フィカス・ウンベラータは熱帯で育つ植物です。寒さには強くないため、気温が低くなる冬の間には、屋外で育てるのは避けてください。

育てる温度

フィカス・ウンベラータは暑さには強いですが、寒さにはあまり強くない植物です。20°C〜30°Cの環境下で最も活発に生長します。屋外で育てている場合、最低気温が10°Cを下回るような時期には屋内に入れてあげてください。10°Cを下回る環境では葉が落ちやすくなります。また、あたたかい屋内でも、窓辺では気温が低くなっていることもあります。屋外が寒い日には、窓に近すぎる場所に置かないよう注意してあげてください。

水やり

春夏(生育中)
あたたかい春夏は、土が乾きやすいだけではなく、フィカス・ウンベラータが生長する時期でもあります。水切れにならないよう、こまめに水やりをしてあげましょう。具体的には、土の表面に触れても水分を感じなくなったら、鉢底から水が流れるくらいたっぷりとお水をあげてください。鉢底から流れて受け皿に溜まった水はこまめに捨ててあげましょう。

秋冬
週に1,2回の水やりが目安です。土の表面に触れても水分を感じなくなった2,3日後を目安に、鉢底から水が流れるくらいたっぷりとお水をあげてください。冬には葉を全て落とすこともありますが、その場合には特に水やりの頻度を抑えてあげてください。また、秋冬には空気が乾燥するので、水やりのタイミングで葉水を行うのがおすすめです。葉水を行うと、イキイキとした元気な葉を維持できるだけでなく、害虫の予防にもつながります。

 

フィカス・ウンベラータの剪定

フィカス・ウンベラータの剪定

剪定とは、植物の伸びすぎた枝や葉、幹を切る作業のこと。植物の形を整えるだけではなく、病気や害虫の予防にも繋がります。さらに、余計な部分が無くなることで養分を適切に行き渡らせることができるので、生長を促進するために欠かせない作業です。

フィカス・ウンベラータを剪定する際のポイントは以下の3つです。

1.5〜9月に行う
フィカス・ウンベラータの剪定は、あたたかい日の続く5月〜9月に行ってください。剪定後に気温の低い日が続くと、剪定してもすぐに新芽が育たず、切り口から枯れやすくなってしまうためです。ただし、剪定後に極端に暑い日が続くと回復が遅れてしまいやすくなるため、猛暑日の剪定は避けてあげてください。

2.成長点を確認する
成長点は枝の節部分に見られ、剪定後はこの部分から新芽が出てきます。剪定する際に成長点を確認しておくと、剪定後にどこから芽が出てくるのか、生長後の樹形を想像しやすくなります。また、成長点を切り落としてしまうと、切り口から新芽が育たずに枯れてしまうことがあるので注意してください。

3.手袋を用意する
フィカス・ウンベラータの樹液に触れると皮膚がかぶれてしまうことがあります。剪定の際には手袋を着用してください。

また、フィカス・ウンベラータに限らず、剪定後には切り口に癒合剤を塗り込むのがおすすめです。切り口が枯れにくくなり、剪定後の安定した生長につながります。

 

フィカス・ウンベラータの植え替え

フィカス・ウンベラータの植え替え

フィカス・ウンベラータは一般的に、2〜3年に1回程度を目安に植え替えが必要になります。以下は植え替えが必要なサインです。

  • 根詰まりが起きている(緑色の葉の先が茶色に枯れてきているのは、根詰まりが起きているサインです)
  • 鉢底から根が出ている
  • 水はけが悪くなってきた
  • 葉がよく落ちている
植え替えに適した時期は5〜9月頃で、できれば5〜6月に行えると良いでしょう。寒い季節に植え替えをすると負担がかかってしまうため、秋や冬の植え替えは避けてください。また、植え替え前の1週間程度は水やりを控えてあげましょう。水やり後には根や茎がやわらかく、ダメージを受けやすい状態になるためです。

植え替えの際には以下の道具を用意してください。
  • 新しい鉢(植え替え前より一回り大きいもの)
  • ハサミ
  • ピンセット
  • 新しい土
  • 鉢底網
  • 鉢底石
  • 細い棒
  • スコップ
  • 園芸用シート

それでは、植え替えの具体的な手順を解説していきます。

①新しい鉢に鉢底網と鉢底石をセットする
まず、園芸シートの上に新しい鉢を準備し、鉢底網を敷きます。
鉢底網の上から、鉢の高さの1/5~1/4の量を目安に、鉢底石を入れてください。

②新しい土を入れる
①の鉢に、鉢の高さの1/3から半分の量を目安に、新しい土を入れてください。

③フィカス・ウンベラータの根をほぐす
植え替え前のフィカス・ウンベラータを鉢から優しく取り出し、根をほぐしてください。根に枯れている部分や根腐れしている部分があるときには、ピンセットを使って取り除いてあげましょう。

④新しい鉢にフィカス・ウンベラータを植える
③を②に入れます。必要に応じて、スコップで土を足してください。このとき、細い棒で土を突いてあげると、根と根の間にもしっかりと土が行き渡ります。また、鉢の縁いっぱいの高さまで土を入れると、水をあげたときに土が溢れてしまいます。土の高さは鉢の縁の1〜2cm下になるようにしてください。

以上で植え替えは完了です。フィカス・ウンベラータを植え替えた直後には、たっぷりと水やりしてください。

※剪定や植え替えのタイミングの詳細はこちら

【観葉植物の育て方】観葉植物をレスキュー!害虫駆除・植え替え・剪定が必要なサインって? – LIFFT

 

フィカス・ウンベラータの肥料

フィカス・ウンベラータの肥料

フィカス・ウンベラータは、肥料がなくても育つ観葉植物ですが、葉の色を鮮やかにしたいときや、何だか元気がないときには、肥料をあげるのがおすすめです。

肥料をあげるのが手間だと感じる場合には、植え替えの際に、緩効性肥料を土に混ぜ込んでおくと良いでしょう。緩効性肥料は時間をかけてゆっくりと効いていき、およそ3ヶ月ほど効果が持続します。

土に肥料を混ぜ込んでいない場合や、時間が経って効果が薄れてきたら、液肥や置き肥を使うことができます。春夏の生育期には、2か月に1度置き肥を置くか、2週間に1度のペースを目安に希釈した液肥をあげてください。秋冬には、肥料をあげると根が傷む原因になります。土の上に置いている置き肥は取り除いて、液肥やりもやめましょう。

 

フィカス・ウンベラータの挿し木

フィカス・ウンベラータの挿し木

大切に育てたフィカス・ウンベラータを、挿し木で増やしてみませんか?挿し木に向いている時期は5〜9月なので、剪定の際に切った部分を使うのもおすすめです。増やしたものを並べて飾ったり、別々のお部屋に飾ることでお家全体の雰囲気に統一感を出したり、楽しみ方の幅がグッと広がります。ぜひ気軽に挑戦してみてくださいね。

挿し木に必要な道具は以下の通りです。

  • 剪定ばさみ
  • 植え替え先の鉢
  • 鉢底網
  • 鉢底石
  • 水はけの良い土
  • 発根促進剤
  • コップ

それでは、具体的な手順を解説していきます。

①原木の枝を切る
フィカス・ウンベラータから元気そうな枝を探し、先端から10cmほどの長さに切り取ってください。

②枝の切り口を整える
切り取った枝の切り口を、「V」の形になるよう削ってください。

③葉を取り除く
枝に葉がついている場合は、先端の2~3枚だけを残し、他の葉は取り除いてください。

④切り口を水に浸す
コップに水を張り、枝の切り口を数時間浸してください。

⑤新しい鉢を用意する
切り取った枝の切り口を水に浸している間に、新しい鉢を用意しましょう。鉢の底に鉢底網を置いたら、網を覆うように鉢底石を敷いてください。その上に、鉢の7〜8割の高さを目安に、水はけの良い土を入れてください。

⑥枝の切り口に発根促進剤を塗る
水に浸した枝をコップから取り出し、切り口に発根促進剤を塗ってください。

⑦切り取った枝を新しい鉢に植える
⑤で用意した鉢の土の真ん中に軽く指で穴をあけ、⑥の枝を刺し込んでください。

以上で挿し木の手順は完了です。

挿し木を成功させるには、枝の切り口を湿った状態に保つことが重要になります。2ヶ月を目安に枝から発根するので、それまではこまめに水をあげてください。

 

フィカス・ウンベラータにつく害虫

フィカス・ウンベラータにつく害虫

フィカス・ウンベラータに限らず、害虫の被害が広がると、植物は健康な生長を阻害されてしまいます。日頃から害虫がいないか確認してあげてください。フィカス・ウンベラータに付きやすい、代表的な害虫とその対処法を解説していきます。

カイガラムシ

夏から秋に見かけることの多い「吸汁害虫」で植物の生育に悪影響を及ぼしたり、病気を引き起こしたりする害虫で、特に春から夏にかけて注意が必要です。
主な特徴は、
  • 白の貝殻に覆われたような虫を見つける
  • ロウの塊のようなものを見かける
  • 黒いカビがある
  • 葉や幹がベタベタしている

などが挙げられます。

主な原因:風通しが悪い
対処方法:殺虫剤・エアゾール剤を吹きかける

ハダニ

ハダニは葉の裏や茎から栄養を吸い取る「吸汁害虫」と呼ばれる害虫で、害虫の中でも繁殖力が強いだけではく、薬剤にも強いという特徴があり、駆除が難しいとされています。
主な症状として
  • 葉に白い斑点がつく
  • 葉の色が薄くなったり、茶色に変化する
  • 蜘蛛の巣のような糸がつく

などが挙げられます。

主な原因:乾燥
対処方法:葉水を行って予防する。殺虫剤・木酢液を吹きかける。

 

フィカス・ウンベラータの風水・花言葉

フィカス・ウンベラータの風水・花言葉

せっかくお部屋に観葉植物をお迎えするのなら、花言葉や風水の効果も気になりますよね。特に観葉植物は風水と大きな関わりがあり、観葉植物を置くだけでも風水的に大きなメリットがあると言われています。ここでは、フィカス・ウンベラータの風水効果と花言葉を紹介します。

フィカス・ウンベラータの風水効果

フィカス・ウンベラータは丸みのある葉を持っていることから調和の力があり、「恋愛運」「家庭運」「仕事運」に効果的とされています。それぞれの効果を高める置き場所は以下の通りです。

恋愛運:寝室
家庭運:リビング
仕事運:書斎

また、特に南側や西側に置くと風水効果が高まると言われています。日当たりやエアコンの風当たりにも気をつけながら、お家の中でぴったりの置き場所を探してみてくださいね。

フィカス・ウンベラータの花言葉

フィカス・ウンベラータの花言葉は「愛」「永久の幸せ」「すこやか」です。「愛」「永久の幸せ」という花言葉は丸いハート型のような葉の姿が、「すこやか」は枯れにくく生長が早いことがその由来です。ポジティブな花言葉を持つ育てやすい植物なので、結婚祝いや新築祝いのギフトとしてもおすすめです。

 

フィカス・ウンベラータについてのよくある質問

フィカス・ウンベラータのよくある質問

花と観葉植物の通販LIFFTに寄せられる質問に、フローリストが回答します。

フィカス・ウンベラータはどこまで大きくなる?

フィカス・ウンベラータは生育が盛んな植物なので、肥料をあげながら育てていくと、約5年で3mほどの高さにまで生長することがあります。室内で育てたい場合には、定期的に剪定を行い大きさを調整してあげてください。

フィカス・ウンベラータは日陰でも育つ?

フィカス・ウンベラータは耐陰性があり、日陰でも育ちやすい植物です。年間を通して室内で育てることができますが、極端に日当たりが足りないと、葉が黄色や茶色に変色してしまうことがあります。その場合には、日当たりのある場所に移動してあげてください。

フィカス・ウンベラータは屋外でも育てられる?

フィカス・ウンベラータは寒さにはあまり強くないものの暑さに強いため、気温が15~30℃のあたたかい季節であれば屋外でも育てることができます。 ただし、気温が下がる時期には屋内で管理してください。また、屋外で育てる場合には特に葉焼けを起こしやすいため、直射日光の当たらない場所に置いてあげるよう注意してください。

フィカス・ウンベラータには毒性がある?

フィカス・ウンベラータの樹液に触れると皮膚がかぶれてしまうことがあります。剪定などの作業を行うときには手袋を着用するようにしてください。また、猫や犬にとっても毒性があるため、ペットのいるご家庭では十分にご注意ください。

 

フィカスの種類

フィカスの種類

フィカス・ウンベラータは、「ゴムの木」とも呼ばれるフィカスの一種です。フィカスは800種類以上もあるとされていますが、ここでは、フィカス・ウンベラータをはじめ、観葉植物としておすすめのフィカスを3種類紹介します。

フィカス・ウンベラータ

本記事で紹介してきたフィカス・ウンベラータは、フィカスの中でも人気がある、定番の観葉植物です。薄い葉がナチュラルな雰囲気で、どんなお部屋にもなじみやすい印象。葉が薄い分、直射日光には弱いですが、日陰でも育てやすいのはうれしいポイントですよね。

フィカス・ソフィア

フィカス・ソフィア

フィカスの中でも新しい品種であるフィカス・ソフィア。厚みのある深緑色の葉が、落ち着いた雰囲気を演出します。お部屋の印象を引き締めるグリーンをお探しの方におすすめの品種です。

フィカス・バーガンディ

フィカス・バーガンディ

シックな黒っぽいグリーンに染まる葉が特徴のフィカス・バーガンディ。ワインレッド色の新芽からシックなグリーンへと葉の色を変えていく姿は、どの瞬間にもおしゃれな雰囲気です。素朴な印象にならないインテリアグリーンをお探しの方におすすめの品種です。

 

フィカス・ウンベラータのインテリア例

ナチュラルな雰囲気でどんなお部屋にもなじむ、フィカス・ウンベラータ

フィカス・ウンベラータのインテリア例

屋内の光でも育てることができるフィカス・ウンベラータは、インテリアのアクセントにぴったりの観葉植物です。大きなサイズのものをお部屋の主役として飾ったり、寝室や書斎に飾りたいときにはコンパクトなサイズのものをチェストなどの上に置くのもおすすめです。

 

最後に

観葉植物のオンライン購入をお考えでしたら、オンライン宅配ショップLIFFTでのご購入もぜひご検討ください。

植物や花に精通したプロのスタッフによって厳選された商品を、雰囲気にあわせた鉢と共に配送いたします。また、公式LINEでは植物に関する相談も受け付けております。ペットと一緒に育てられる植物など、お気軽にご相談ください。