【9月】旬の切り花と花言葉

9月はまだまだ暑さが厳しい日もありますが、夏の気配も薄れ、秋の気配が漂い始める時期。

9月の花といえば、コスモスやリンドウ、ワレモコウなどがあり、一気に秋の雰囲気をまといます。

今回は花屋がセレクトした9月の旬の切り花について、特徴や扱い方、花言葉などを紹介します。

 

【9月の切り花①】リンドウ

古くから日本で親しまれ「枕草子」にも記述があるほど、代表的な和花のひとつといえるリンドウ。和の印象がありますが、原産地は亜熱帯地域です。

旬が秋の花ですが、夏時期でも花がふっくらとしたつぼみの状態で出回ります。葉はほとんど分岐せず、葉がついている部分のすぐ上に花がつきます。現在切り花として出回っているのは「エゾリンドウ」という品種を改良したものです。

紫色の花がとても涼しい雰囲気で、日本ではお盆や秋の彼岸になくてはならない花としてよく使われていましたが、最近では品種改良が進み、茎が細く、パステルカラーのものも増えています。花色も紫や青だけでなく、ピンクや白も出回るようになり、花のサイズが大きいタイプなどもありますよ。

花言葉は「さびしい愛情」「悲嘆にくれるあなたに」。
群生せずに1本ずつ咲く花姿が由来といわれています。

選ぶ際は茎がまっすぐなもの、つぼみに傷がないものを選ぶと◎
葉や花を整理して花瓶にいけ、涼しい場所に飾るようにしましょう。
飾り方は和風だけでなく、短く切り分けて小さな花瓶に飾ったり、洋風な雰囲気でも素敵です。

蒸れるとつぼみが腐ってしまい、また、花に水がかかってしまうと花が傷んでしまうので、水を変えるときには注意してくださいね。

リンドウを使った秋の花束はこちら

 

【9月の切り花②】コスモス

秋を代表する花のひとつ、コスモス。和名を「秋桜(あきざくら)」といい、俳句では秋の季語としても使われます。


コスモスという名前は、ギリシャ語の「kosmos(秩序・調和)」が由来。“調和のとれた美しい”というギリシャ語の通り、そよそよと揺らぐ細い茎と愛らしいピンク色の花は、長年人々に愛されています。

品種は一重咲きが一般的ですが、八重咲きやフリンジ咲き、筒状の花びらをもつタイプのもの、花びらが2色の変わり咲きなどさまざま。
猛暑に咲く黄色やオレンジの”キバナコスモス”、チョコレート色でチョコレートの香りがする”チョコレートコスモス”などの種類もあります。

花色はピンク・紫・赤・白・黄色・オレンジなど。

かわいらしい形や色のものが多いので、花束やアレンジにいれると雰囲気がぐっと素敵になるコスモス。ススキやワレモコウなどと合わせれば、一気に秋の風情が感じられます。

花言葉は「調和」「乙女の真心」「平和」。
もともとコスモスはギリシャ語で「宇宙」や「世界」という意味もあるため、そのイメージから「調和」、「平和」などがつけられています。

選び方は、茎が硬く締まったもの、葉がピンとしているものを。
葉が傷みやすいので、下半分程度を取り除きます。風に当たるとしおれやすいので飾る位置に注意しましょう。


 

【9月の切り花③】ワレモコウ

ワレモコウ

ワレモコウも、古くから歌に詠まれたり「源氏物語」に登場したりと、日本人に親しまれている花です。

原産地は日本、朝鮮半島、中国、シベリア、ヨーロッパなど。
漢字は吾亦紅(ワレモコウ)と書き、「われもまた紅なり」と主張しているように見えることから花名がつけれらたといわれています。

見た目は少し地味ですが、深い赤色と特徴的な花姿が秋らしくて個性的です。花穂の長さは1〜2cmと小さく、卵形に集合して実のような状態についています。

花言葉は「移りゆく日々」「あこがれ」「変化」。
夏から秋へ移り変わる季節に咲くことから「移りゆく日々」「変化」という花言葉がつけられたといわれています。

花色は水揚げがよいと赤に、悪いと茶色っぽくなるのでしっかりと。茎が絡まりやすく折れやすいので、扱うときは要注意です。

選ぶ際は、花色が鮮やかなものを選び、茎が折れていないか確認しましょう。

枝分けして使うと、アクセントとして素敵なワンポイントになるワレモコウ。 素朴で自然な雰囲気のアレンジにもぴったりです。

 

【9月の切り花④】ワックスフラワー

花の表面がつややかで、ちいさな花がたくさん咲く姿がかわいらしいワックスフラワー。
オーストラリア原産のワイルドフラワー*(野生植物)です。花に蜜がたまり、ワックスを塗ったようにつややかなことから、花名がついています。

葉はローズマリーのような針状で先が尖っていて、やさしい色の小さな花を枝先に無数につけます。花色は白・ピンク・赤・紫など。

花言葉は「気まぐれ」「繊細」「かわいらしさ」。
「気まぐれ」は、あちこちの方向に枝分かれした姿から来ています。

1本でもボリュームがあるため、花束やアレンジに使う花材としても人気があります。

選び方は花付きがよいもの、花や葉が落ちていないものを選びましょう。
花や葉がポロポロと落ちやすいので、生けるときは枝を何度か振ってから生けると良いでしょう。

*ワイルドフラワー:さまざまな自然のもとで力強く咲く花たちの総称。オーストラリアや南アフリカなど南半球に自生する。特にオーストラリア原産の花々のことを「ワイルドフラワー」、南アフリカ原産の花々を「ネイティブフラワー」と呼ぶ。

 

【9月の切り花⑤】フランネルフラワー

やさしい質感で清楚な印象のフランネルフラワー。
原産地はオーストラリアで、フランネルの布のようなソフトな手触りが特徴です。

花びらに見える苞(ほう)(より細かくは「総苞片(そうほうへん)」)は花序を包んでいた葉が変化したもの。細かい毛が生えていて柔らかいので、毛織物のフランネルのような手触りがするんですね。
花は中央に向かって丸く集まって咲いているもの。葉にはたくさんの切れ込みが入っています。

花色は白で、花びらの先に薄くグリーンがかっている花姿が清楚な印象。柔らかな白とグリーンの葉の色合いがやさしく、ふんわりとした質感から、ウェディングの花としても人気です。

選ぶときは、花びらに見える苞(ほう)が変色していないものを選ぶと◎。
水が下がりやすいのでしっかり切り戻しなどをおこない、注意してケアをしてあげましょう。

 


9月の切り花⑥】キキョウ



秋の七草のひとつで、日本では家紋にも取り入れられるなど、古くから愛されているキキョウ。 秋の季語としても知られています。

原産地は日本、中国、北朝鮮で、根は解熱や鎮痛効果のある生薬としても利用されます。最近では野生のキキョウは見られなくなり、環境省によって絶滅危惧種とされているそう。

英名では、つぼみが風船のように膨らむことから「バルーンフラワー」と呼ばれています。

花色は一般的な紫の他にも白やピンクがあり、白いキキョウは純白で可憐なイメージ。また、星形の花は5枚の花びらでできているのではなく、1枚の花びらの先が分かれて形作られています。

しとやかな佇まいはいかにも和風な印象ですが、星のような花形や、風船のような五角形のつぼみをポイントにすれば、洋風なアレンジにも。

花言葉は「永遠の愛」「誠実」。

選ぶときには、蕾が多く、大きさがそろっているもので、葉に黒い斑点がないものを。扱う際には切り口から白い乳液がでます。人によってはかぶれてしまうことがありますので手についたら洗い流しましょう。切り口をよく洗ってから花瓶にいけましょう。




まとめ

リンドウ、ワレモコウ、キキョウなど、深い秋色の花も出回り始める9月。

秋の気配が色濃くなる9月は、気温も下がってきてお花も飾りやすくなる時期ではないでしょうか。
秋の夜長を旬の花々と一緒に、ゆったりと過ごしてみてくださいね。

LIFFTの商品一覧はこちら