「こだわり素材でつくるクリスマスアイテム」

▪今回ご紹介する花材:

埼玉県赤山地区浜花園 コニファー

国産のサンキライ



いよいよホリデーシーズンが近づいてきましたね。これから街中がイルミネーションに彩られ、一気にクリスマスムードが盛り上がることでしょう。今日は、ドアやお部屋に飾るだけでクリスマス気分を盛り上げてくれる、Lifftのおしゃれなリース&スワッグをご紹介します。


今回Lifftがご用意したのは、香り高いコニファーをベースに、赤い実のサンキライや丸みのあるフォルムがかわいいスズメウリをたっぷりあしらった、ハンドメイドのフレッシュリースやスワッグです。

コニファーとは、針のようなかたちの葉っぱをもち、冬の間も美しい緑色を保つ針葉樹のこと。コニファーは「永遠の命」を象徴する素材として、古くからクリスマス飾りに使われてきました。

 

 

使用する素材は、埼玉県の南端に位置する川口市で長年花農園を営む浜花園で生産されたコニファー。浜花園で栽培される数多くのコニファーの中から、雪景色を思わせるような銀白色が美しい「ブルーアイス」や、深い緑とブルーがかった緑が混ざり合う「ブルーバード」など、色や質感が絶妙に異なるコニファー数品種を厳選しました。

また、コニファーの香りにはストレスを解消し、心身をリラックスさせてくれる効果があります。Lifftでは、ふわっと漂う森の香りなど、手に取った時の体験を想像しながら素材を集めました。

 

ナチュラルでありながらも洗練されたベースに加わるのが、ぷっくりツヤツヤした実がかわいらしい国産のサンキライやスズメウリ。暗く寒い冬でも気持ちを豊かにし、クリスマスの高揚感を一層高めてくれるアイテムです。実はサンキライの花言葉は「元気」など明るくポジティブなものばかり。コニファーにあしらわれた実物は、気持ちもお部屋もぱっと明るくしてくれるはずです。

 

 

Lifftのリースやスワッグは自然の素材を使用しますので、それぞれの形や表情が一つ一つ異なります。シンプルな素材の魅力を最大限に引き出せるよう、一番素敵に見える向きや位置を探りながら、丁寧にあしらっていきます。同じ素材を使っていても、様々な表情が現れるのがハンドメイドの良いところ。ふたつとして同じものはなく、お手元に届いたものがあなただけの“一点もの”です。

 

また、Lifftのクリスマスアイテムは、フレッシュな素材を使用しているため、ドライへと変わる表情の変化を楽しみながらシーズンを通して飾っていただけます。スワッグはしっかりと乾燥させたあと、空の花瓶などに活けて飾るとまた一味違う雰囲気が楽しめます。

 

 

洗練されたデザインで主張しすぎない優しい佇まいは、どんな空間にもよく馴染み、あなたらしい特別な1日に寄り添います。お部屋や玄関ドアなど思い思いの場所に飾り、心高鳴るオシャレなクリスマスのひと時を演出してみてはいかがでしょうか。