バレンタインは花束で愛を伝よう。フラワーバレンタインのすすめ

2月14日はバレンタインデー。

日本ではチョコレートを贈る日というイメージが強いですよね。

海外ではどうなのかというと、「愛を伝える日」としてさまざまなプレゼントや過ごし方があるようです。

今回は世界のバレンタイン事情や、バレンタインにぴったりの愛を伝える花とその贈り方についてご紹介します。

 

バレンタインデーの由来

意外とバレンタインデーの発祥を知らない人は多いのではないでしょうか?

バレンタインの由来は、3世紀ごろのローマの聖人バレンティヌス。

当時のローマ皇帝は兵士たちに家族ができると士気が下がるとして結婚を禁止していましたが、キリスト教司祭のバレンティヌスは密かに若者たちを結婚を手伝っていました。

その事実が明らかになって罰として改宗を迫られますが、バレンティヌスは拒否。2月14日に処刑されてしまいます。

亡くなった後にバレンティヌスは恋人の守護神とされ、現代までバレンタインデーは恋人の日・愛の日となって祝われているのです。

 

世界のバレンタインデー事情

バレンタインプレゼント

日本では「女性から男性へチョコレートを贈って愛を伝える日」というイメージが強いバレンタイン。

最近では、友達同士で贈りあう「友チョコ」やちょっといいチョコを自分用に買う「ご褒美チョコ」など、贈り方のバリエーションが少しずつ増えてきました。

実は、女性から男性にチョコレートを渡すのは、日本と韓国のバレンタインデーの習慣。

世界各国では大切な人へ愛や感謝を伝える日として親しまれていて、贈り物もチョコレートだけではなく花束やカードなども定番です。

  • アメリカ:男性から女性へプレゼントを贈り、愛や感謝の気持ちを伝えることが一般的。恋人や夫婦間だけではなく、家族や友達、職場の同僚などにもお菓子や花束などのプレゼントを贈ります。
  • イギリス:世界で一番カードを贈る国といわれるイギリスでは、バレンタインカードで愛や感謝を伝えます。添えるプレゼントは、花束やチョコレート、アクセサリーなど。
  • イタリア:バレンタイン発祥の地イタリアでは、プレゼントを贈りあうのではなくディナーや旅行を楽しむ恋人たちも多いとか。翌日の2月15日は「シングルデー」と呼ばれ、シングルの友人同士で集まって賑やかに楽しみます。
  • フランス:愛の国フランスでも、バレンタインは恋人たちの日。男性から女性に情熱的な赤いバラを贈ることが多く、2人だけの時間をロマンティックに過ごすそう。
  • フィンランド:ヨーロッパの他の国と比べてユニークで、「友達の日」としてバレンタインデーが定着。友情に感謝して、チューリップを贈りあうそうです。

     

日本でももっと自由に贈り合って、大切な人に愛や感謝を伝えていきたいですね。

 

バレンタインにぴったりなお花

いつも通りチョコレートを贈るのももちろん素敵ですが、ぜひおすすめしたいのが海外のように花束を贈る「フラワーバレンタイン」。

2月は色鮮やかな春の花もお店に出ていて、花選びが楽しい時期です。今年は愛や感謝の気持ちを花束に込めて贈ってみては?

 

【おすすめの花①】バラ

おしゃれなピンクのバラ

愛を伝えるためにあるかのようなバラ。映画やドラマなどのロマンティックな場面でよく見かけますね。

毎年多くの新品種が誕生するほど種類が豊富で、形・色・香りのすべてにおいてうっとりしてしまうほど魅力に溢れています。

花言葉は「愛」「美」「情熱」など。本数にも意味が込められていて、1本「あなたしかいない」「一目惚れ」3本「愛しています」「告白」6本「夢中」11本「最愛」を表します。

色によっても異なる花言葉があるのでご参考に。

  • 赤:「愛」「あなたを愛します」「熱烈な恋」
  • ピンク:「上品」「しとやか」「温かい心」
  • 白:「清純」「尊敬」「相思相愛」「無邪気」 
  • :「愛の告白」「美」「友情」「平和」
  • オレンジ:「信頼」「絆」「魅惑」

 

【おすすめの花②】チューリップ

春の訪れを知らせてくれるチューリップ

見ているだけで明るい気持ちにさせてくれる愛らしさが魅力の花です。

ぷっくりと膨らむ花はすっきりとした茎と葉とのコントラストが美しく、贈るシチュエーションを選ばないので、恋人はもちろん友達や家族に贈るのもおすすめ。

花言葉は「愛の告白」「永遠の愛情」「思いやり」など、愛にまつわる花言葉が多いです。

  • 赤:「愛の告白」「真実の愛」「ロマンティックな愛」
  • ピンク:「愛の芽生え」「誠実な愛」「幸福」
  • 白:「純真」
  • 紫:「永遠の愛」「気高さ」
  • 黄:「愛の表示」「明るさ」

     

    【おすすめの花③】ラナンキュラス

    ピンクのラナンキュラス

    ふわりと何重にも重なった花びらを開き、柔らかな美しさを纏うラナンキュラス。

    ころんと丸いフォルムがかわいらしく、春らしさに溢れた花束の主役にぴったりの花です。

    花色もとても豊富。白や真紅、紫を中心に束ねれば洗練された雰囲気になります。

    ラナンキュラスの花言葉は「晴やかな魅力」「光輝を放つ」など。

    明るく鮮やかな花びらが美しい花姿からつけられたそうです。

     

    【おすすめの花④】アルストロメリア

    花びらに浮かび上がった模様が特徴的なアルストロメリア

    1つの茎に対してユリのような花が複数輪、外側を向くように咲きます。

    色鮮やかで形のバリエーションに富み、明るさに満ちた印象があるので、笑顔がまぶしい大切な人へのバレンタインプレゼントに選びたいですね。

    アルストロメリアの花言葉は「凛々しさ」「持続」「未来への憧れ」など。

     

    【おすすめの花⑤】チョコレートコスモス

    1輪のチョコレートコスモス

    名前の由来にもなっているチョコレートのような甘い香りが特徴的なチョコレートコスモス。

    ボルドーのような茶色っぽい赤の花びらにもチョコレートを感じます。

    かわいらしい印象の花よりも、大人っぽい相手の雰囲気に合う少し個性的でシックな花を贈りたい方におすすめです。

    花言葉はバレンタインデーにちなんで恋にまつわるものが多く、「移り変わらぬ気持ち」「恋の思い出」など。

     

    バレンタインに花束を贈るときのポイント

    花束を用意したら、あとは喜んでくれることを願って贈るだけ。

    バレンタインデーを盛り上げるために工夫したいポイントをいくつか紹介します。

     

    チョコレートや甘いメッセージを添えて

    バレンタインデーならやっぱりチョコレートも外せない!という方も多いですよね。

    花束と一緒に渡せば、いつも通りのバレンタインをアップデートできます。

    また、イギリス流にメッセージカードを添えると、相手はより一層喜んでくれるはず。

    ストレートに気持ちを伝えるのが少し照れくさい場合は、英語で書くのもおしゃれでおすすめです。

     

    映画とのマリアージュを楽しむ

    おうちでバレンタインを過ごそうと考えている方におすすめしたいのが、お花が出てくる映画を観た後に花束をプレゼントすること。

    映画のロマンティックなシーンと重なって、花束の特別感をさらに増してくれます。

    外でのデートがなかなかしづらい今だからこそ、相手を想って工夫したおうちでのサプライズはうれしいはず。

     

    まとめ

    世界各国では、意外と浸透しているフラワーバレンタイン。

    男性からでも女性からでも、恋人や夫婦だけでなく家族や友人にも、花束を贈って大切な人に愛や感謝を伝えてみては?

     

    LIFFTの商品一覧はこちら