「お父さんいつもありがとう。」 父の日ギフトにおすすめ花束と渡し方


毎年6月の第3日曜日は父の日。2021年は6月20日の日曜日です。

母の日と比べると、父の日は何を贈ればよいのか悩むかもしれません。

そんな時は部屋を明るくしてくれる、花束を贈ってみてはいかがでしょう。

今回は、父の日に花束を贈るときのポイントやおすすめの花を紹介します。

ぜひ今年の父の日は、花束でお父さんに感謝を伝えてみませんか?

LIFFTの商品一覧はこちら


父の日の由来


父の日は、母の日と同じくアメリカに由来があります。

1909年にアメリカ・ワシントン州のトッド夫人が、男手1つで育ててくれた父を讃えて、父の誕生月である6月に礼拝をしてもらったのがきっかけだそう。

その当時はすでに母の日が祝われていたので、父の日もあるべきだと考え、牧師協会へ嘆願したことから父の日として祝われるようになりました。

1966年に当時のアメリカ大統領リンドン・ジョンソンが、毎年6月の第3日曜日を父の日として定め、1972年にはアメリカで正式に国の記念日と制定されました。

日本でもそれに習って、6月の第3日曜を父の日として祝っているんですね。


父の日にもお花を贈ろう


母の日はギフト選びにあまり迷わないかもしれませんが、父の日となると何を贈ろうか迷う人も多いと思います。

そんな時には、お花を贈ってみるのはいかがでしょうか?

なかなかお花に馴染みのない方も、テレワークなどでおうち時間が増えた今こそ、空間をぱっと華やかにさせるお花は贈り物に最適。

小さめのブーケでも、お花があるだけで気分が癒されますよね。ぜひお花を贈って、お父さんの部屋に癒しをプラスしてみてください。

  
父の日におすすめの花


母の日はカーネーションが定番ですが、実は父の日にも定番の花があるのはご存知ですか?

父の日に贈る風習のある花は、「バラ」。

その中でも特に父の日は、黄色いバラは花屋さんでもよく見かけるかもしれません。

他にも、季節のお花としてヒマワリやラン、ガーベラなどもおすすめです。

ここでは、それぞれの花の特徴について説明するので、ぜひお父さんにぴったりの花を贈ってみてください。


【①黄色いバラ】

 黄色いバラ

母の日=カーネーションのように、父の日=黄色いバラの風習があります。

前述のトッド夫人が、父の日に父親のお墓の前に白いバラを供えたことから、バラが父の日の花となったそう。

そして日本では、ファーザーズ・デイ委員会によって「イエローリボンキャンペーン」が推進され、黄色が父の日のイメージカラーとして浸透しています。

父の日にバラを贈る風習に、日本独自の黄色が加わって「黄色いバラ」が定番となっているんですね。

「うれしさ」「あたたかさ」「幸せ」などを表す黄色は、贈る人を笑顔にします。

園芸品種が3万種近くあり、世界中で愛されているバラ。

どんなシーンでも喜ばれる華やかさのあるバラは、お父さんへの贈りものにもぴったりです。

 

【②ヒマワリ】

夏の花として真っ先に思い浮かぶヒマワリですが、黄色の花としても、多くの人がヒマワリを思い浮かべるのではないでしょうか?

父の日のイメージカラーである黄色の花は、ヒマワリが一番適しているかもしれませんね。

原産地は北アメリカで、英名をサンフラワーという、まさに太陽を空から切り取ったような花。

花びらが黄色で中心が茶色のもの以外にも、花びらがオレンジ・レモンイエロー・茶色、咲き方が八重咲き・スプレー咲きなどさまざまな色や形があります。

また、花言葉は「尊敬」や「崇拝」。お父さんにあげる花束に最適な花言葉がついてます。

6月下旬は夏の足音が聞こえてくる季節なので、夏を感じさせる明るいヒマワリは季節感もばっちり。

 

【③ラン】

ランにはさまざまな種類があり、大きく「東洋ラン」と「洋ラン」と分けることができます。

東洋ランは、日本や中国を原産地としているランで、原産地がそれ以外だと洋ランと呼ばれます。

また、ランは花持ちが良いのも、贈りものとして嬉しいポイント。

ランの代表的な種類を紹介するので、お父さんに合ったランを贈ってみましょう。

・コチョウラン

東洋ランの代表的なものとしては、コチョウランが有名です。

チョウ(蝶)という字が入っていることからも連想できるように、蝶が舞うようなエレガントな雰囲気をもっています。

ランの中でも高貴で存在感のあるのが、コチョウラン。

花色もさまざまで、鉢植えでも切り花でも楽しむことができます。

特に大ぶりなコチョウランはギフトの定番ですね。

小ぶりなタイプも花束に入れると、いっきに気品ある雰囲気になるのでオススメです。

・オンシジウム

オンシジウム

オンシジウムは、中央アメリカや南アメリカが原産の洋ランです。

花束やアレンジメントでよく用いられるので、なじみのある洋ランといえますね。

ひらひらとしてフリル状の小さな花と、色鮮やかな黄色がとても印象的なオンシジウム。

花束にいれることで、パッと目を引く華やかさを演出できます。


・カトレア

黄色いカトレア

カトレアは、原産地が熱帯アメリカの洋ランです。高貴な香りと大輪の花で、洋ランの女王と呼ばれることも。高級感があるため、贈答品としても高い人気を誇ります。大輪の他にもカジュアルな小ぶりの種類も素敵です。

 

【④ガーベラ】

ガーベラ

原産地が南アフリカで、和名では「花車(ハナグルマ)」とも呼ばれるガーベラ。

色とりどりの花色と、花びらが放射状に咲く、花らしい姿が人気です。

ヨーロッパで品種改良を重ね、現在切り花として流通している数は、なんと約2000種以上。

定番の一重咲きから、中心以外が花びらで埋め尽くされる八重咲き、細い花びらのスパイダー咲きなどがあり、それぞれ表情が変わります。

鮮やかな黄色一色のガーベラや、落ち着いたボルドーなど、お父さんの好みに合わせて選んでみてくださいね。


贈る時のポイント


気持ちを込めて、お父さんに合う花を選んで作る花束。

その花束だけでももちろん素敵ですが、少しの工夫でもっと喜んでもらえるかもしれません。

お父さんにプレゼントを贈り慣れていないという方でも大丈夫。

贈る時のポイントをまとめてみたので、参考にしてください。


お父さんが好きなお酒やグルメと一緒に贈る


お父さんにお花というイメージがわかない、という人は「華やかさと癒しの花束」と「お酒・グルメ」をセットにして贈ってみましょう。

お父さんが好きなお酒やグルメに華をそえて、見た目も豪華な最高の贈りものになります。

お酒やグルメと一緒に贈るなら、少し小さめサイズのミニブーケにしても◎こだわりのあるお父さんなら、花言葉なども考えてストーリーのある花束にしてもよいかもしれません。



メッセージカードを添えて


花束やアレンジメントにメッセージカードを添えるだけで、気持ちがより伝わります。

日頃はなかなか言えない感謝の気持ちも、文字なら伝えられるかもしれませんね。

一言だけでも、ぜひ直筆でメッセージカードを書いてみて。

もちろん、父の日をきっかけに手紙を渡すのもいいですね。

一年に一度、日々思っていることや労いの気持ちを伝えれば、お父さんは大喜びなはず。


直接渡せない場合は日時指定の宅配を活用して


遠方に住んでいたり、当日は用事があったりして直接渡せない場合は、宅配で贈ることもできます。

花屋さんに頼むこともできますし、インターネットで注文するのも便利です。

現在はさまざまなサービスがあるので、こだわりのある人でも好みの花が見つけられるはず。

お父さんの在宅のタイミングを確認して、その日時を指定して花を届けましょう。

父の日であれば、メッセージカードのサービスなども利用できるので、ぜひ利用してみてくださいね。


まとめ

特に今年はおうち時間が長いので、家の中を明るくしてくれる生花の花束やアレンジメントを贈れば、お父さんはきっと喜んでくれるはず。

花を贈ることで空間が華やかになるので、黄色いバラやヒマワリ、ランなどのほかにも、お父さんのイメージで花を選んでもいいですね。

日頃なかなか言えない感謝の気持ちを、ぜひ花束と一緒に伝えてみてください。

LIFFTの商品一覧はこちら