男性に花束をプレゼント。贈る時のポイントとおすすめの花

「花は女性へ贈るもの」というイメージが強いですが、花をもらって喜ぶ男性は意外と多く、男性への贈り物の選択肢から外してしまうのはもったいないことなのです。

しかし、いざ贈るとなると、どのような花束なら喜んでもらえるのかわからなくて悩んでしまう方もいるのではないでしょうか。

今回は、男性に花を贈るときのポイントと、おすすめの花についてご紹介します。

 

男性に花を贈るときのポイント

想いを込めて贈る花束、せっかくなら喜んでもらいたいですよね。

相手が花を扱った経験が少ないであろう男性だからこそ、贈るときに気をつけたいポイントが3つあります。

 

【ポイント①】花束は小さめのサイズを選ぶ

花を自分で買うことも貰うことも少ない男性は、花瓶を持っていないことがしばしば。

家族と一緒に住んでいる方はまだしも、1人暮らしの方はない場合がほとんどではないでしょうか。

そうすると、大きな花束を渡しても家に帰ってから飾ることができないので、コップなどにも活けられる、小さめのブーケをチョイスするのがおすすめ。

電車に乗って大きな花束を持ち帰るのは恥ずかしいと感じる男性の心理も考えると、サイズは控え目がよさそうです。

 

【ポイント②】飾り方を教えてあげる

コップに活けた花

花束を貰った瞬間は嬉しくても、その後どう扱えばいいかわからなくて戸惑ってしまう男性は多いようです。

  • 「花瓶に移す前に茎の先を1cmくらい切ってね」
  • 「水に浸かってしまいそうな葉っぱは取ってね」
  • 「花瓶がなかったらコップや空き瓶でも大丈夫だよ」

など、活け方のコツをアドバイスをしてあげるといいかもしれません。

 

【ポイント③】渡すタイミングを工夫する

相手の性別を問わず、外で誕生日などをお祝いするときに花を渡す場合は、なるべく終盤で。

贈るタイミングを間違えると邪魔になって相手を困らせてしまいます。

めんどくさがり屋の男性には、花の宅配サービスを使って家に届けてあげた方が、持ち運ぶ手間が省けて喜ばれそうですね。

 

男性に贈るのにおすすめの花ひまわりの花束

 相手が好きな色の花やイメージに合った花

相手の好きな色を知っているならば、その色を中心とした花を選ぶと「自分のことを考えて選んでくれたんだな」と喜んでもらえるはず。

もし迷った場合には、青や紫、白でまとめると落ち着いたシックな印象に、緑や黄色でまとめると元気で明るい印象になるのでおすすめです。

また、上司などの年上の男性には、シンプルで上品な印象を与えるユリなどを中心とした花束を贈るといいでしょう。

 

花言葉が素敵な花

贈る相手があなたのパートナーなら、花言葉に想いを込めてみてはどうでしょうか。

例えば、ひまわりには「あなただけを見つめる」「憧れ」といった花言葉があります。

バラは色や本数によって花言葉が変わるのですが、赤いバラと3本のバラには「あなたを愛しています」という意味があり、大切な男性に贈るのにピッタリです。

 

Lifftの商品の中では、紫色のトルコキキョウが主役のブーケであるViolet Nightや、シンプルは配色で男性の部屋にも馴染みやすいCascadeがおすすめです。

まとめ

男性はお花を貰い慣れていないからこそ、しっかりポイントを押さえて贈れば喜んでもらえるはずです。

また、花を受け取る喜びを知れば、今度はお返しにあなたにプレゼントしてくれるかも。

意外なプレゼントで大切な男性を驚かせてみては?

 

Lifftの商品一覧はこちら

タグ: 花贈り