Image gallery

オリーブ・アザパ / Olive Azapa

  • ¥27,500
高さ
鉢の色

細長い洗練された形の葉がお洒落な、オリーブ・アザパ。

チリ原産の品種で、大きく成長すれば大粒の果実がなることが特徴です。
国内では流通数が少ない希少種ですが、病気に強く成長が早いという優れた特性を持つため、初めて観葉植物を育てる方にもおすすめな優良品種です。

平和の象徴といわれ、旧約聖書に登場するほど昔から親しまれているオリーブ。
アザパは樹形も直立系で美しいため、室内のインテリアグリーンにぴったり。
爽やかなグリーンで、お部屋に明るいアクセントを加えてみてはいかがでしょうか。

■サイズ
・高さ:110㎝
・鉢サイズ:直径32㎝×高さ28㎝(8号)

 

How to Care

日当たり

過湿に弱いため、ベランダや窓際など風通しがよく日当たりの良い場所に置くようにしましょう。
ただし、寒風に当たると葉が傷むことがあるため注意してください。

温度

地中海沿岸地域、中東一帯が原産のため、温暖な気候を好みます。
短い期間であれば-10℃程度の寒さにも耐えられると言われていますが、基本的には寒さに弱いため、0℃を下回るような日は室内に入れるようにしましょう。
ただし、10℃以下の寒さに10〜20日以上さらされないと花を付けないという特徴があるため、実を付けたい場合は一定期間室内でも寒い場所に移動させるのが良いでしょう。


水やり

オリーブは比較的乾燥に強い植物です。
しかし、鉢植えの場合は土が乾燥しやすいため、土の表面が乾いてきたら鉢底に行き渡るまでたっぷり水を与えてください。
水やりの後、受け皿に溜まった水は根腐れの原因となるので必ず捨てるようにしましょう。
また、オリーブは乾燥していても葉にその影響が出にくいという特徴があります。気がついたときには乾燥しきっていたという場合があるため、葉ではなく必ず土の状態を確認するようにしましょう。


剪定

剪定は3〜4月頃、最低気温が15℃を上回るようになってきた時期に行うのがおすすめです。
休眠期から覚めるこの時期に行うことで、剪定しても育成に影響がでにくくなります。
内部の風通しが良くなるよう、重なり合っている枝や伸びすぎている枝を剪定バサミでカットし、全体のバランスを整えましょう。
オリーブには、その年の春から初夏に伸びた枝に翌年花が咲き、実がなるという特徴があります。その枝は残し、混み合ったところを中心に剪定することがポイントです。

Product Details

商品名:オリーブ・アザパ / Olive Azapa
サイズ:植物:高さ110cm程度 / 鉢:直径32㎝×高さ28㎝(8号)