Image gallery

モンステラ / Monstera

  • ¥35,750
高さ
鉢の形
鉢の色

部屋に一つ置いておくだけで、南国のような雰囲気を演出してくれるモンステラ。

葉は成長するにつれて縁から深い切れ込みや穴があき、まるで羽のような独特な面白い形になります。

その特徴通り、名前もラテン語で「怪物」を意味する「モンストラム」に由来しているんだとか。

しかしそれとは対照的に、モンステラの言い伝えや花言葉はとても美しいものです。

ハワイでは葉の切れ込みから差し込む光の様子から「希望の光を導く」という言い伝えが生まれました。

花言葉は「献身」。人々に寄り添い、未来を想像させる花言葉なので、新築祝いや開店祝いなどの新たな門出のプレゼントとしてもおすすめです。

 

サイズ

・高さ:100cm程度

・鉢:10号

・鉢カバー:直径42cm × 高さ42cm

 

How to Care

日当たり

半日陰や明るい日陰を好む植物です。

室外でも楽しめますが、強い直射日光には弱く、夏場は葉焼けを起こしやすいので明るい日陰又は室内のカーテン越しに置くのがおすすめです。

程よい光を当てることで形が歪むことなく、力強く育ちます。

モンステラを室内で管理する場合、葉の表面に埃が積もってうまく光を吸収できなくなることがあるので、定期的に濡れたティッシュなどで拭いてあげましょう。

 

温度

モンステラは熱帯地域が原産で暑さに強く寒さには弱い植物です。

戸外で育てる場合は、最低気温が15℃を下回るようになったら室内の日当たりの良い場所に移動させると、安心して冬越しさせることが出来ます。

5℃以下になると枯れてしまうので冬場は注意しましょう。

 

水やり

土の表面が乾いてきたら、水やりのサイン。

春から秋は、鉢底に行き渡るまでたっぷり水を与えましょう。

この生育期に与える水の量によって大きさをある程度調節することができますが、水のやり過ぎは根腐れやカビが発生する原因にもなるので注意が必要。

冬場は乾かし気味に。土の表面が乾いているのを確認してから、3~4日ほど空けて水をあげる程度が最適です。

しかし、湿度や気温によっては水分が行き渡らず、葉の先端などが乾いてしまうこともあるので霧吹きで葉を濡らす「葉水」はこまめに行うと良いでしょう。病害虫などの予防にもなります。

 

■その他お手入れ

剪定は、生育期の前、もしくは生育期中の春から夏の間に行いましょう。

葉焼けや病気により変色した葉や、他の葉の日陰にある、もしくは日陰をつくっている葉はカットすると成長しやすくなります。

切り落としたい葉の茎をたどって、主茎から分岐しているところの根元で切るのがポイントです。

土から新しく生え上がっている場合も、土の表面すれすれのところで剪定すれば問題ありません。

Product Details

商品名:モンステラ / Monstera
サイズ:植物:高さ100cm程度 / 鉢:10号 / 鉢カバー:直径42cm × 高さ42cm