【観葉植物の育て方】カビ、虫、ホコリ…原因はすべて〇〇不足? 絶対必要な条件とは

 

カビも、虫も、ホコリも…観葉植物のイヤ〜なトラブル。その原因は風通し不足かも? 

屋外と違って、風通しが悪くなりやすい部屋の中。意外と見落としがちですが、風通しは最重要項目の1つ。風通し不足が、様々なトラブルの原因になるだけでなく、風は観葉植物を強く育てるためにも必要なもの。日当たり、水やりと合わせて、基本知識をマスターしましょう。

 

「風通しが良い」ってどういうこと?

>空気が常に循環している状態! 

自然の風で換気ができているのが理想です。風が入ってくる窓のそばに置いて、換気扇を常に回しておきましょう。どうしても難しい場合は、サーキュレーターなどを活用して、部屋の中の空気を循環させましょう。

どうして風通しが良くないといけないの?

>植物にとって呼吸レベルに重要な「蒸散」に、風通しが不可欠!

植物が生きていく上で欠かせない「蒸散」という活動に、空気の流れが必要だからです。植物は、蒸散によって葉から水分を放出しています。蒸散ができないのは、人間が息を吸えないようなもの。風通しが悪くなると蒸散ができなくなってしまい、枯れてしまう原因になります。

また、風に当たることで、植物は風に負けないように強く育ちます。すると、 簡単には枝が折れにくく、葉っぱがしっかり生えた株になるので、気温が十分高い日には外に出してあげましょう。

風通しが悪いとどうなるの?

>カビ、虫、ホコリ、葉の傷み…風通しが悪いとトラブルが大量発生

風通しが悪いと、植物が蒸散を行えなくなり、枯れる原因になるだけでなく、以下のような様々なトラブルの原因に。

・土の表面にカビが生える
・虫が発生する
・葉にホコリがたまる
・蒸れて葉が傷む

常に換気扇を回し、部屋の中の空気を循環させて、風通しを良くしておきましょう。

空気の循環のために、扇風機やエアコンを使っていいの?

>直接エアコンや扇風機の風が当たるのは絶対NG! 空気の循環には基本サーキュレーターを活用して。

扇風機やエアコンは、風が強すぎて、観葉植物が乾燥してしまい、弱って枯れてしまいます。観葉植物に一番良い風の強さは、そよ風くらい。窓がある部屋の場合は、窓を開けて換気扇を回し、窓が開けられない場合や外出の際には、サーキュレーターなどを活用して、部屋の空気を循環させてあげましょう。

換気がしっかりできていれば、ずっと部屋の中に置いていてもいいの?

>ダメ! 時々外に出して、観葉植物をタフに強く育てよう

部屋の中で育つ観葉植物であっても、ずっと部屋の中で育てていると、枝が折れやすい弱い株になってしまいます。時々外に出して、自然の風に当ててあげると、折れにくく枯れにくくなるだけでなく、葉っぱがしっかり生えて、立派に成長します。

LIFFT greenなら、観葉植物のトラブルもLINEですぐに相談できる!

LIFFTは購入後のアフターサービスも充実!お手入れの方法はもちろん、些細なお困り事もすぐにLINEで相談できます。LIFFT greenで新たなグリーンライフをはじめませんか?

 

>観葉植物を探してみる